ブログ

新人看護師奮闘記~研修編③

入社式、研修の様子
新採用者看護技術研修 10月10・15日開催

入社して半年経過し、自分でできることも増えてきました。
受け持ち患者さんを数人持って日々奮闘中です。今回はグループワーク、医療安全、看護倫理、メンタルヘルス、急変時の対応と気管内挿管介助の実演・演習を行いました。


 
今回は「自己の問題と課題について」KJ法を用いて深めていきました。皆さんには事前に今の問題と課題を挙げてくるよう伝えてありました。グループワークでそれらを統合していきます。
 


それぞれ持ち寄った情報をカテゴライズしていきます。ここのグループはメンタルの強いナースを目指すようです。それ大事!



全員できたところでプレゼンテーションです。ここのグループは中身のある看護師を目指すようです。自己の問題と課題を丁寧にまとめていました。あとは中身=看護観を自分なりに見つけられるよう感性と技術を磨きましょう。頑張れー、応援してるよ!

 

医療安全の講義です。伝達ゲームを通して、人にうまく伝達することの難しさを学びました。

 
看護倫理の講義です。当院には緩和ケア認定看護師が在籍しています。普段から臨床倫理に携わる場面が多い緩和ケア認定看護師の講義は貴重でした。講義を踏まえ倫理の4分割表を用いてグループワークを行い、プレゼンテーションしてもらいました。QOL、たった3文字だけどこの言葉には無限の意味が込められています。

 

メンタルヘルスの講義です。当院は企業病院ということもあり保健師が多数在籍しており、我々の健康管理をしてくれています。とりわけ1年目は学生から社会人という環境・役割の変化で、心のバランスを崩しやすい状態でもあります。入社して半年経過しましたが、できることも増えたけど同時に責任も増えたと思います。自分自身に潰されないよう、うまく息抜きしましょう。

 

ラストは急変時の対応です。手術室の先輩看護師と麻酔科の先生が直接指導してくれました。1分1秒を争う状況下ですのでミスは許されません。それぞれアンビューバック・心臓マッサージ・AED操作を経験してもらいました。普段からトレーニングを積むことで、いざという時にも慌てず冷静に対応できます。ちなみに当院では毎年春に全職員対象のBLS講習会があります。


3か月ぶりの研修
はいかがでしたか?この日の皆さんの顔はとてもいい表情をしていました。きっと同期と会って少し息抜きできたのでしょうね。次は2月です!